飼って本当に良かったな

犬を新しい家族に迎え入れると「飼って本当に良かったな」「犬をきっかけに家族で出掛ける機会が増えたな」という幸せなエピソードもありますよね。

犬を飼ったからこそ、得ることができる「幸せ」というものがあると思います。

そこで今回は「犬を飼ってて良かった!と思う13のこと」についてご紹介させていただきます。

犬を飼ってて良かった!と思う13のこと

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28220140W8A310C1000000?channel=DF140920160927

先日、日経新聞でこのような記事がありました。

犬を飼うと人間の循環器疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)による死亡と、総死亡(あらゆる原因による死亡)のリスクが減り犬を飼っていないよりも寿命が伸びるという記事が書かれたものです。

「犬と暮らすだけでどうして長生きになるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、犬を飼うことによって人間に様々な有益があるのです。

犬を飼うと大変!困った!ということは多いものの、その反面飼って良かったと思えることもたくさんありますよね。

そこで今回は「犬を飼ってて良かった!と思う13のこと」についてご紹介させていただきます。

■犬を飼ってて良かったと思う13のこと

私は祖父母の家に柴犬もどきの小さなミックス犬がいます。

一緒に過ごしていると散歩をしたり楽しいこともたくさんありますよね。

そんな、犬を飼ってて良かったと思えることはどのようなことがあるのでしょうか。

飼い主の皆さんにも共感していただきたいですし、これから飼おうと思っている方も是非参考にしてみてくださいね。

ここでは、犬を飼ってて良かったと思う13のことをご紹介させていただきます。

○外に出る機会が増えた

愛犬と過ごすようになると自然と外に出る機会が増えます。

いつもは休みの日であれば「家でゴロゴロ」「家でゲーム」なんていう飼い主も休日だからこそ「愛犬と遠出しよう!」「ドライブしよう!」などと外に出るきっかけになりますね。

また、どこに行くときも一緒にお出掛けができることも良いところです。

海や山など、一緒に楽しめるところに出掛けれるのがなにより嬉しいですね。

○誰とでも話しやすい

外に出ると犬を通じた友達ができることろが嬉しいことですね。

お互いの犬のことを話し合ったり、相談ごとができるようにもなるので友達の輪も広がるでしょう。

私は元々とても人見知りなのですが、犬の散歩をするときに話しかけてくれる人がいます。

初めて会う人とは話題に困ったりしてしまくものですが、犬を通じて仲良くなるので犬の話などで盛り上がることもできます。

自分の性格が克服できるのも嬉しいところですね。

○自宅に帰るのが楽しみになった

一人暮らしの場合は特に思うのですが、自宅に帰るとあの可愛らしい愛犬が自分のために待っていると思うと嬉しくて帰宅が楽しみになります。

また、愛犬のお世話をするために自然と早寝早起きもできるようになるので健康的な生活を送れるようになります。

○年代を問わず知りあいができる

犬の散歩をしていると、犬を連れている人だけでなくおじいさんおばあさんなどからでも「可愛いね」「名前は何て言うの?」などと話しかけられるようになります。

今までは自分に近い年齢の人とばかり関わっていたのですが犬を通じて様々な年代の人と話ができるようになりました。

外にでると世間話もできるようになるので日頃のストレスなども発散できますね。

○家族の話題が増える

家族で愛犬を飼っていると「今日はこんなことしてたんだよ」などと愛犬の話で盛り上がることができます。

愛犬とどこかにお出掛けしたならばその写真を見せて家族で話をすることもできるので盛り上がりますね。

携帯の写真が愛犬や子供の画像であふれかえるようになるでしょう。

○無駄遣いが減った

愛犬を飼うまでは趣味や遊びにお金を使っていたという人も多いはずです。

しかし、愛犬と過ごすようになってからお金を使う方向が変わったり計画的に使えるようになったということがあります。

○気長になった

今まで何かあるとイライラしたりすることもありましたが、犬を飼うと気長になることができます。

犬に対しても怒ることもあったと思います。

しかし、言葉が話せない相手なだけに相手の気持ちを読み解こうと考えるようになったり思いやりができるようになってきます。

結果、イライラするようも気長に過ごすことができるようになります。

○片付けができるようになった

犬の食事を準備したり、水やりを毎日していることで犬に対する思いやりを持てるようになります。

片付けができるようになることは勿論、責任感もしっかりと身に付きます。

さらに子供がいると、犬と一緒に過ごすことで子供自身も「相手を思いやる心」や「責任感」などの成長ができるかもしれませんね。

○ファッションを楽しめるようになった

自分が着ている服装とお揃いにして「双子コーデ」などを一緒に楽しめるようになります。

犬の服はTシャツからドレスのようなものまで様々な種類が近年では販売されています。

それにより、一緒にファッションを楽しむことができるのも良いところです。

一緒に双子コーデをしてあちこちで思い出を残すのも良いでしょう。

また、裁縫が好きな飼い主であれば、ハンドメイドで作ってあげたりできるのも嬉しいですね。

○孤独を感じなくなった

犬と毎日を一緒に過ごすことで毎日が「充実」します。

一人暮らしの場合は、特に話し相手になってくれるので孤独を感じなくなるとことが良いです。

犬だけでなく猫なども含め、動物は飼い主を癒してくれます。

一緒に遊んだり、一緒に寝たりと日々の行動を共にするようになるので孤独感がなくなります。

 

○運動不足が解消された

犬を飼うと何より「運動不足」が解消されるところが特にうれしいです。

散歩は毎日の日課になるので、愛犬と一緒に楽しく外に出ることができます。

歩くのも一緒に愛犬と走るのも、億劫に感じることがないので楽に運動不足が解消ができます。

ダイエットにもなるので良いですね。

○認知症の予防になる

犬の魅力と言えば「話し相手になってくれる」ということですよね。

特に年配の一人暮らしの場合に犬と一緒に暮らすことで「認知症の予防になる」ということもメリットでしょう。

私の祖父母は、年配になってから犬を飼いはじめました。

今まであまり、自宅から外に出ることはなかったのに犬を飼ってからは毎日のお散歩も欠かさなくなりました。

また、近所の犬を飼っている方と親しくなり今まで以上に人と話す機会も増えました。

全体を通して見ると、犬は人を幸せにしているんだなと改めて感じることができます。

○笑顔が増えた

一番愛犬と一緒にいると飼ってて良かったと思えることです。

愛犬と一緒に過ごす日々には様々な出来ごとがあります。

一緒に遊んだり、寝たり...ときには愛犬のどんくさい姿や面白い表情と出会うこともあります。

それらは他の犬にはない自分の愛犬だからこその喜びなのです。

犬を飼うと、家族が増えまた笑顔も増えることが一番の魅力と言っても過言ではないでしょう。

 

■まとめ

犬を飼っていると楽しいことはたくさんありますよね。

その反面、悪い癖があったり言うことを全然聞いてくれなかったりと、飼い主が大変であったりしんどいことたくさんあると思います。

しかし、愛犬の存在がしんどい出来ごと以上に幸せなものになるはずです。

 

犬がいるとそれだけで笑顔が増えることは勿論、外に出ることが多くなるので「運動不足」なども解消されます。

 

また、孤独を感じることなく毎日愛犬と過ごせるようになるので

・孤独感

・鬱

・社会隔離

などの精神的な悩みの解消にも繋がります。

今回のブログを読んで、自分の愛犬との思い出を改めて振り返っていただければなと思います。

これからも愛犬との楽しい生活をお過ごしくださいね。

Share this post