わんちゃんを東京の暑さから守る5つの方法

梅雨も明けて夏本番!

暑い日が続いていますね。

東京では最近、昼間の平均気温が26℃(79℃)、湿度は80%にもなっているそうです。 この暑さは、あなたのペットにとっても辛いものかもしれません。

今回は、そんな暑さからわんちゃんを守るための秘訣をお伝えします

 

1 こまめな水分補給!お散歩に行く際は必ずわんちゃんのためにお水を持っていきましょう。 お水を飲ませるために何度も立ち止まって休憩しましょう。背中と首周りにお水をかけてあげるのも、体温を下げる効果があります。

 

2 冷たいおやつを作ってあげましょう!pethelpful.com と dogster.comというサイトには、わんちゃんのための簡単で美味しいレシピも載っているので、参考にしてみてください。


Dog Ice Cream


Chia Blueberry Yogurt Treats

 

3 すでにお伝えした通り、東京はとっても蒸し暑くなります!そのため、気温だけでなく湿度にも気をつけなければなりません。湿度が高い時、わんちゃんはパンティング(ハアハアと呼吸すること)しても、自分の体温を十分に下げることができなくなり、体温が上がって熱中症になってしまうこともあります。 なるべく日中のお散歩は避け、無理な運動は避けるようにしましょう。 詳しくは Pet WebMD.com から!

 

4 もしあなたのわんちゃんがパグやシーズーなど短頭のわんちゃんなら、彼らは暑さによるストレスがなくても呼吸量が他の犬種よりも制限されています。 よく注意して、熱中症や暑さによる疲れのサインを見逃さないようにしましょう。 The Telegraph が短頭のわんちゃんの暑さ対策について分かりやすくまとめてくれています。英語の記事ですが、短頭のわんちゃんをお持ちの方はぜひ読んでみてください。  

 

5 最後に、アメリカの有名なドッグトレーナーのシーザー・ミランが、朝早くや夜遅くにわんちゃんを運動させることをおすすめしています。 詳しくは Cesar’s Wayからお読みください。
 

追記: 道が熱すぎないか、お散歩の前に道路を手で触ってチェックしてあげてください。 もし熱いと感じたら、あなたのわんちゃんにとっても熱いはずですよ! この記事はワシントン・ポストがまとめています。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました^^ ハッピーワンニャンでシッターを見つけて、クールな体験をするのも忘れないでくださいね!

Share this post